BLOG

オガールプラザ (大規模木造+RC造建築物)

一昨日、盛岡のセミナーの帰りに久々に紫波町の「オガールプラザ」に立ち寄ってみました。ここは私が大学院生(木造建築コース)の時の先生である稲山正弘 東京大学大学院教授が設計に関わった大規模木造+RC造の施設です。画期的なのは木造住宅の流通材を多用して約6,000㎡の大規模施設がつくられた事です。通常、6,000㎡もの規模の木構造の建物は建築できませんが、準耐火構造の木造棟の間にRC造の耐火構造棟を挟んでそれぞれを別棟とみなすことで実現した大規模建築物です。岩手県でも今後こういう施設がどんどん増えていくことを期待しております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る