BLOG

被災建築物応急危険度判定講習会

建築士を対象に本日盛岡で開催された「被災建築物応急危険度判定講習会」に参加してきました。被災建築物応急危険度判定は地震等によって被災した建築物について危険性を判定してその情報を提供したり、二次災害を防止したりすることを目的にしています。判定士がヘルメットをかぶって建物に「危険」とか「要注意」の紙を貼ったりしていますよね。あれです。ボランティアと聞いています。もし又 日本のどこかで災害が発生して私に出動要請がきたならば 行くつもりです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る