ブログ

  1. 被災建築物応急危険度判定講習会

    建築士を対象に本日盛岡で開催された「被災建築物応急危険度判定講習会」に参加してきました。被災建築物応急危険度判定は地震等によって被災した建築物について危険性を判定してその情報を提供したり、二次災害を防止したりすることを目的にしています。

  2. 薪割り

    明けましておめでとうございます。今年も雪の少ない年越しで助かっております。お正月で身体がなまっているので、今日は外で薪割りに励みました。昨年購入した薪割機はご覧のように直径50センチの丸太もOKです。自走もできるので大変重宝しています。

  3. インスペクション

    一ノ関で開催された「公開インスペクション」に参加してきました。インスペクションは主に中古住宅の売買の際に行われる建物検査の事です。一般には住宅診断と言われてもいますが、正式には既存住宅現況検査の事です。私もこの「既存住宅現況検査技術者」になっていますので参考にさせて頂きました。

  4. タイニーハウス ⑪

    タイニーハウス完成です。小さな建物ですが8月の着工から3か月余の工期でした。大きな建物と同じ給排水や設備と、何よりも板貼りにかかりました。石膏ボードですと早いのですが、板張りは一枚一枚手で貼っていかなければなりません。その分仕上がりはご覧のようになります。

  5. 薪ストーブメーカー御来店

    本日、薪ストーブメーカーの「(株)モキ製作所」の方が長野県千曲市から薪ストーブの営業に来社されました。モキ製作所様は日・独・米・中特許の「茂木プレート」による無煙薪ストーブを開発した会社です。鉄板ストーブで針葉樹や竹でも安心して燃やせるそうです。

  6. タイニーハウス ⑩

    ハウスクリーニングが終了して きれいになったところです。とても明るい空間に出来上がりました。明日から3日間程、主に内部塗装工事で完成です。ハウスクリーニングの職人さんから 「木の香りがとてもここちいいですね」とのお言葉を頂戴いたしました。

  7. タイニーハウス ⑨

    今回、窓枠回りに屋根と同色の飾りを取り付けてみました。単純になりがちな窓にワンポイントで変化をつける一つの方法です。

  8. ターニーハウス ⑧

    タイニーハウスの屋根に面する天井部分の断熱材にスタイロエースⅡ、100mm厚の物を使っています。これは、最高の断熱等級4のさらに1.25倍の厚みの物です。

  9. ログハウス調 タイニーハウス

     タイニーハウス ⑦

    タイニーハウスの外観が整ってきました。ログハウス調の板張りの外壁です。最終的には窓回りにフィンランドログハウスのような飾りを取り付けます。外壁の色は木目が現れるように、薄い茶系の予定です。

  10. 熱気球002

    熱気球 (ログハウスのすぐそばで)

    一ノ関で以前に建てたログハウスのお客様の所へ「薪」を届けに行ったら、なんとすぐそばで熱気球の大会が開催されていました。色とりどりの熱気球が20ケ程飛んでいました。ゆったりと飛行する熱気球は見ているだけで人にやすらぎを与えてくれますね。

ページ上部へ戻る