アーカイブ:2015年 9月

  1. ログハウス リフォーム(10)

    薪ストーブの煙突が完成しました。今までは角トップまでしか煙突が伸びていませんでしたが今回、煙突をすべて新しくして、風が屋根の上で巻いても煙の吸い込みに影響が出にくいように約1.5M延長しました。建物の棟より、60CM以上高いので、少々の強風の時も薪ストーブを焚けると思います。

  2. ログハウス リフォーム (9)

    ログハウスのロフト部分の屋根に天窓を取り付けるために既存の天井を開口しました。この開口部のの上の天窓を取り付けて屋根の鈑金処理をし、雨仕舞対策します。

  3. ログハウス リフォーム (8)

    煙突の交換です。既存の古い煙突を撤去して、新しい断熱2重煙突に取り替えます。この写真は既存の角トップをクレーンで撤去している所です。さらに、既存煙突よりも1.5M長くして、風の影響を少なくします。

  4. ログハウス リフォーム (7)

    今日、浴室窓の窓枠の取り付けが終わりました。ハンドカットログハウスの為、丸太も太いので浴室壁面からサッシ枠まで約30㎝必要でした。通常の軸組住宅の約2倍の奥行です。いろいろ探してやっと見つけた窓枠でした。この窓からは、お風呂に入りながら「焼石連峰」が望める絶好のポジションです。

  5. ログハウス リフォーム (6)

    浴室窓を木製からアルミ+樹脂の複合ペアガラスのサッシに取り替えました。サッシの外枠の色は、ハンドカットのログシェルの色に合わせました。窓枠はこれからの塗装です。

  6. ログハウス リフォーム (5)

    ログハウスリフォームでは必ずと言っていいほど、このような部分が出て来ます。ログポスト(丸太の柱)の表面は丸いので、そこの部分との取り合いは、スクライバーを使います。これを使えば、丸太の曲がりを隣りの材料に移すことができるので、写真のように曲線と曲線がぴったりと納まります。

  7. ログハウス リフォーム (4)

    今日、外部ではログハウスのログシェル等の洗浄をしました。ログ本体等にこびりついた汚れやほこりを高圧洗浄機で洗い落とします。きれいになって、乾燥後に再塗装すると、(色はどうしても濃くはなりますが)最初のような撥水性のある壁面になります。

  8. ログハウス リフォーム (3)

    間仕切り壁が完成しました。ログハウスなので丸柱との取り合いなどで結構手間取りました。明日はドアの枠材の取り付けや廻縁などの取り付けをします。

  9. ログハウス リフォーム (2)

    今日はログハウスでは良く作られる2階ロフト部分の間仕切り工事です。平らな天井部分を少し作って新たな電気配線スペースにしました。そこに間柱を立てて、無垢材のレッドパイン羽目板を仕上げ材として施工しています。

  10. ログハウス リフォーム (1)

    今週からハンドカットログハウスのリフォームの工事が始まりました。屋根、外壁の再塗装、2階ロフト部分を2部屋にする工事、煙突の延長工事などです。工事の様子はこのブログで順次お知らせいたします。

ページ上部へ戻る