薪ストーブ

  1. 薪ストーブ 

    我が家のこの薪ストーブ、28回目の今季、本格稼働です。ベルギー製のこの薪ストーブ本当にタフです。毎年、針葉樹の薪をガンガン焚いてもこの通り頑張ってくれてます。

  2. ハンドカットログハウス 塗装工事 ①

    今日から築8年になるハンドカットログハウスの外壁の塗装工事が始まりました。新築してから今回は2回目の塗装ですが、まめに塗装をしているので、外壁の状態は大変いいようです。まだ、十分に撥水性を発揮している部分もありますが、やはりログハウスの場合は まめに塗装をされるのが建物を長持ちさせるポイントです。

  3. 薪作り

    リンゴの木を頂きました。リンゴの木はご覧のように極端に曲がったものも多いので、玉切り(長さのカット)の際は、木を上下左右に動かしながらちょっと工夫がいる作業になります。乾いた薪にするまで、時間はかかりますが、いったんストーブの中に入れると火の持ちも良く、ほのかに甘い香りも漂って人を癒してくれます。

  4. 薪割り

    明けましておめでとうございます。今年も雪の少ない年越しで助かっております。お正月で身体がなまっているので、今日は外で薪割りに励みました。昨年購入した薪割機はご覧のように直径50センチの丸太もOKです。自走もできるので大変重宝しています。

  5. 薪ストーブメーカー御来店

    本日、薪ストーブメーカーの「(株)モキ製作所」の方が長野県千曲市から薪ストーブの営業に来社されました。モキ製作所様は日・独・米・中特許の「茂木プレート」による無煙薪ストーブを開発した会社です。鉄板ストーブで針葉樹や竹でも安心して燃やせるそうです。

  6. いわて国体

    10/1からいわて国体が始まりました。昨日は、私の地元の奥州市で開催の卓球を見に行きました。16試合が一度にできるようにセッティングされていました。リオオリンピックで一躍人気競技になった卓球。リオで見た、日本製のあの流線型のかっこいい木製卓球台は見ることが出来ませんでした。

  7. タイニーハウス ⑥

    屋根タルキの完成です。今回のタルキは高さが235㎜あり、この規模の建物にしては巨大な大きさです。その訳は、2階の傾斜天井の高さを十分とる為に このタルキで屋根を支える為です。おかげで、2階が大変広くて使いやすい空間になります。

  8.  タイニーハウス ⑤

    今日、タイニーハウスの骨組みがほぼ完成しました。

  9. タイニーハウス ④

    基礎工事の完成です。タイニーハウスですので小さい建物ですが、基礎も給排水も普通の住宅と変わりはありません。老後の夫婦二人の住宅としても今後注目されるかもしれません。

  10. 古民家 リフォーム 2

    古民家 リフォーム 2。写真のように大きな梁がありましたが、先端部分がカットされていて、さらにそれを支える柱がご覧のように欠損部分が多いので、4寸角のヒノキ材を添え柱にして補強しました。

ページ上部へ戻る