古民家

  1. タイニーハウス ⑥

    屋根タルキの完成です。今回のタルキは高さが235㎜あり、この規模の建物にしては巨大な大きさです。その訳は、2階の傾斜天井の高さを十分とる為に このタルキで屋根を支える為です。おかげで、2階が大変広くて使いやすい空間になります。

  2.  タイニーハウス ⑤

    今日、タイニーハウスの骨組みがほぼ完成しました。

  3. タイニーハウス ④

    基礎工事の完成です。タイニーハウスですので小さい建物ですが、基礎も給排水も普通の住宅と変わりはありません。老後の夫婦二人の住宅としても今後注目されるかもしれません。

  4. 古民家 リフォーム 4

    古民家リフォームの完成です。古民家独特の曲がりのある黒い大鴨居をそのまま残して、その他の部分の壁を白壁にしました。新しい木部も黒く塗装をして、全体の色のバランスに配慮しました。

  5. 古民家リフォーム 3

    古民家リフォームの工事では壁を解体することが多いので、ついでに耐力壁を作って耐震性能を上げます。その際、家全体の耐力壁のバランスも考えてその位置を決めます。ここでは筋違の耐力壁です。

  6. 古民家 リフォーム 2

    古民家 リフォーム 2。写真のように大きな梁がありましたが、先端部分がカットされていて、さらにそれを支える柱がご覧のように欠損部分が多いので、4寸角のヒノキ材を添え柱にして補強しました。

  7. 古民家 リフォーム

    奥州市江刺区で築100年以上の古民家のリフォームも始まりました。和室の床が抜け落ちそうだったので、畳下地から全部取り替えて、ついでに耐震工事も行います。やはり100年を越える古民家だけあって、ご覧の通りの太い柱や梁です。右側にある板戸も味わいがあります。

ページ上部へ戻る