ログハウス

  1. タイニーハウス ⑥

    屋根タルキの完成です。今回のタルキは高さが235㎜あり、この規模の建物にしては巨大な大きさです。その訳は、2階の傾斜天井の高さを十分とる為に このタルキで屋根を支える為です。おかげで、2階が大変広くて使いやすい空間になります。

  2.  タイニーハウス ⑤

    今日、タイニーハウスの骨組みがほぼ完成しました。

  3. タイニーハウス ④

    基礎工事の完成です。タイニーハウスですので小さい建物ですが、基礎も給排水も普通の住宅と変わりはありません。老後の夫婦二人の住宅としても今後注目されるかもしれません。

  4. タイニーハウス ③

    ログハウス調の小さな建物(タイニーハウス)ですが、基礎は50~60坪の住宅と何ら変わりがないベタ基礎を選択しました。基礎は後で取替えがきかないので、地盤調査の結果に従ってしっかりとつくります。

  5. タイニーハウス ②

    ログハウス調 タイニーハウスの工事が始まりました。まずは地盤調査です。小さい建物とはいえ、通常の住宅と同じように建設地の地盤をしっかり調査して、その数値に基づいて基礎関連の詳細を決定します。

  6. 古民家 リフォーム 2

    古民家 リフォーム 2。写真のように大きな梁がありましたが、先端部分がカットされていて、さらにそれを支える柱がご覧のように欠損部分が多いので、4寸角のヒノキ材を添え柱にして補強しました。

  7. ログハウス 塗装

    12年前に弊社で建築したログハウスの外壁と屋根の再塗装工事が始まりました。外壁は2回目ですが、当初これくらいの間隔で塗装をすると今後の建物にとって耐久性が増します。

  8. 耐震診断および耐震改修 講習会

    東京での2日間の講習会に行ってきました。「国土交通大臣登録 木造耐震診断資格者講習」と「木造住宅の耐震改修技術者講習会」の2つの講習会を2日間にわたって受けて来ました。国会議事堂のすぐそばのビルでの講習でした。熊本地震の直後でもあり、講師の先生も受講者も真剣そのものでした。受講者は全員建築士。

  9. タイニーハウス ①

    今ちょっとしたブームになっております「タイニーハウス」を新築する為の準備で、本日現場用プレハブを設置しました。左側に見える旧宅を解体してからの建築になります。小さいけれども素敵な建物を目指します。お盆後の着工ですので、完成は11月頃になります。

  10. ログハウス風物置 移動

    3畳ほどのログハウス風物置スペースとしてお借りしていた土地を返さなければならず、2メートル程移動しました。とは言え、簡単ではありません。重さが1tもあるのです。この為に16tクレーンを発注し、現場に来てもらいました。

ページ上部へ戻る